モンゴル語の発音〜О,Ө,У,Ү,Р,Л

モンゴル語の発音 本格的にモンゴル語の勉強を始めて、はや一ヶ月。その中でモンゴル語の発音で苦戦した6つの音を日本人向けに解説していきたいと思います。 まずは、実際に発音しているところを聞いて、それから記事を読んでもらえると分かりやすいかと思います。

「О」の発音

モンゴル語の「О」の発音は口をやや大きめに開いた状態で「お」と発音します。口をすぼめてしまうと別の文字になってしまうので注意してください。 日本人は「お」の音を一つしか認識していませんので、最初は使い分けるのが大変だと思います。ですが、何度も練習していくうちに慣れていきますので、頑張りましょう。

「Ө」の発音

「Ө」の発音は先程の「О」の口の形で「う」と言ってください。「お」と「う」の中間みたいな音になります。 個人的には「う」に聞こえることが多いのですが、口をすぼめると別の「う」になってしまいます。

「У」の発音

「У」の発音は口をすぼめて「お」と発音します。はっきりと口をすぼめるのがコツです。 「О」と「У」の違いを聞き分けるのはまだまだ難しくて、しょっちゅう間違ってますが、とにかく聞きまくって、単語ごとに覚えていくしかないと今は割り切ってます。耳が慣れてくれば聞き分けられると信じて。

「Ү」の発音

「Ү」の発音は口をすぼめて「う」と発音します。こちらもはっきりと口をすぼめてください。 発音自体はそこまで難しくありませんが、文字を読む際によく「У」と「Ү」を読み間違えてしまうので注意しています。英語と混ざってるので困りものです。

「Р」の発音

「Р」の発音は日本語の「らりるれろ」の感覚で大丈夫です。舌先を上の歯茎の裏にくっつけて「らりるれろ」の音を出す感じですね。

「Л」の発音

「Л」の発音は舌の両脇を奥歯にくっつけて「らりるれろ」と言ってみてください。唾液の泡が弾けるような音とともに「らりるれろ」が言えれば成功です。 この音がおそらく日本人にとって一番難しいと思いますので、根気よく練習してみてください。

モンゴル人との交流

モンゴルとの交流 モンゴル人、モンゴルとの交流を深めているのは、相撲界だけではありません。留学生コミュニティ、姉妹都市、NPO、様々な民間団体の方々がモンゴルとの関わりを持ち、相互理解と協力をしています。思った以上に様々な活動や団体があり、非常に興味深いです。

姉妹都市

モンゴルと姉妹都市や友好的な提携も結んでいるところをご紹介します。 ざっと調べただけでこれだけの都市、街、村が提携を結んでいました。使節団がお互いに訪問したり、学生が短期留学したり、水道関係で協力したりと活発に交流、支援、協力活動をしています。

NPO、民間団体

モンゴルと関係のあるNPO・民間団体について探してみたところ、いろいろありました。 全日本司厨士協会というのはそれこそ、初めてしりましたが、料理人という立場から交流を深めているというところに面白みや、良さを感じます。相手の国を知る上で、欠かせないものの一つは食事だと思っています。食文化の違いを理解し、実際に食べてみることで相手の性格や気質も理解できたりするからです。 個人的に以前から知っているのはGNC_Japanです。何年も前からモンゴルの砂漠化に関心を持ち、植林を続けてきているNPOです。活動資金のため、寄付だけでなく練馬区光が丘で開かれている「ハウリンバヤル(春祭り)」にブースを出して活動報告の写真展示と共に、モンゴルの様々な物産を販売。オリジナルの絵本を作って販売をしています。毎年植林の状況を確認し報告もあげていて、しっかりと貢献しているところがすごいですよね。  

モンゴル人とルームシェア

モンゴル人とルームシェア shomonza 突然ですが、日本に留学しているモンゴル人はどのくらいいるか、ご存知ですか? 独立行政法人 日本学生支援機構によるとモンゴル人留学生(高等教育機関、及び日本語学校に在籍)の数は平成30年5月で、3124人いるそうです。(平成30年度外国人留学生在籍状況調査結果より) 実際はもっといるのではないかと推測していますが、年々その数は増えているようですね。そして、日本に来てやることは多々あると思いますが、まず解決すべき事柄の一つが住むところ、住居です。大学生であれば学生寮に住む人もいると思いますが、日本語学校ではどうでしょうか?学生寮を備えていない学校のほうが多いでしょう。そうなると、部屋を借りて住むことになります。

ルームシェアをする学生たち

部屋を賃貸するにあたり、多くの学生たちはワンルームの部屋、もしくは2Kなどの部屋に2人、3人で住んでいます。友人・知人同士でルームシェアをするのが通常と言えるでしょう。多いパターンはワンルームマンションに2人、珍しいパターンでは一戸建てを5,6人でシェアするといったものもあります。最近ではシェアハウスが増えてきていて、余裕のある学生などはこちらを選択するというパターンも聞こえてきています。

なぜ、ルームシェアするのか?

なぜ、ルームシェアを選択するのか。 答えは簡単ですね。家賃を折半できるからです。留学生が多く集中している関東、特に東京のワンルームの家賃は、よっぽど安ければ3万円、平均すれば4万〜5万円ぐらいではないでしょうか。昼間授業に出て、夕方からアルバイトしたとして、留学生であれば週28時間という規制があるので、一ヶ月4週と仮定して、4週 x 28時間 = 112時間、最低賃金が1013円(2019年12月現在)として、 112時間 x 1013円 = 113,456円。家賃を4万円とすると残りは73,456円。ここから毎日の食事代や光熱水道費、交通費、学費、といったものを考えると非常に厳しい経済状況であるのはお分かりいただけると思います。 ルームシェアできれば家賃、高熱水道費、インターネット代などを折半できるので、自己負担は大分軽くなるのが想像できます。 また、今でこそ少なくなりましたが、昔は外国人に貸してくれないオーナーがたくさんいました。そういった意味でもルームシェアをしていた学生も一定数はいたのを聞いています。

ルームシェアのメリット

ルームシェアのメリットは
  • 家賃が半額、人数によっては1/3、1/4になる
  • 光熱水道費も半額、1/3、1/4になる
  • 一人ぼっちの孤独感を感じないで済む
  • 料理ができる環境であれば、食費も浮かせられる
家賃や光熱水道費の軽減がなんと言ってもルームシェアの最大メリットでしょう。むしろそのためにルームシェアしてる訳ですから。

ルームシェアのデメリット

では逆にデメリットは何でしょうか?
  • プライベートな時間(一人でゆっくりする時間)がとれない
  • 部屋を広く使えない
  • 寝る時間が互いにずれると明かりに困る
  • 気が合わない、またはケンカした場合、部屋に居づらくなる
  • 体臭、いびきなどに悩む可能性がある
4番目のケンカなどはルームシェアにおいては最悪のパターンでしょう。私の知り合いにこのパターンがあって、元々は仲良かったのに住んでるうちにケンカが増えて、お互い口も聞かないといった状態に一時なっていました。(その後、ルームシェアをやめて仲直りしたそうです)

まとめ

モンゴル人留学生たちはデメリットを多少抱えながらもルームシェアして頑張っています。日本は物価も高いので、少しでも負担を軽くするためにシェアしているので、当ブログをご覧の皆様、モンゴル人に限らず留学生(場合によっては社会人も)を応援してあげてくださいね。

モンゴル人と整理整頓

モンゴル人と整理整頓 モンゴルの人と付き合っていると感じることの一つが、整理整頓や掃除といったものがよくできるということです。もちろん人にもよるのでしょうが、平均的にちゃんと整理して生活していると感じることが多いです。

よく整理されたモンゴル人の家

日本に住んでいるモンゴル人のお家に遊びにいくと、ごちゃごちゃしていると感じる家がありません。結構築年数のたった家に住んでいる人もいましたが、たいてい良く整理されている家ばかりでした。日本人の友達の家に遊びに行くと、もちろんお客が来るということで掃除をしてきれいにしていると思われますが、それでも全体的な荷物が多くてごちゃごちゃしている家はそれなりにありました。特に2世帯住宅というか、祖父母を含めて同居しているお宅などはかなりの荷物が家にあって、整理が大変そうでした。 モンゴルのウランバートルでも何人かの家を訪問したことがあるのですが、押入れというものがないにもかかわらず、家の中の整理ができていると感じるのです。ある程度面積が広く大きい家の場合はもちろん収納スペースもあるので当然ですが、日本の賃貸住宅と然程変わらないような広さの家でも、例えば5人家族の場合を考えると明らかに日本の家よりも整理できていると感じます。 整理整頓された家

決してものを溜め込まないモンゴル人

整理整頓のこの違いはどこにあるのかと思っていましたが、つい先日、いらないものを処分するといってバザーに物を持ってきてくれたモンゴル人から話を聞けました。年末でもないのにそこそこの数を持ってきてくれたので、気になって聞いてみたのですが、彼女曰く、使わないものは基本的にすぐ処分する、例えば1年間置いていて一回も使わないのであれば間違いなく処分するとのことです。子供のおもちゃも遊ばなくなったと感じたら1度は子供に捨ててもいいか確認をとり、その後結局遊ぶ気配がないようなら遠慮なく捨ててしまいます。服とかも、まだ全然着られて、バザーに出すのは早いのでは?と思うような服も結構ありました。 このような話から、もうお分かりだと思います。モンゴル人の家の整理整頓ができている理由は、ものを溜め込んでいないからだったのです。ゴミ屋敷となると大げさですが、整理整頓できない理由の多くは物を捨てられないからですよね。モンゴル人の友人・知人たちは日本人の私からみて、え?これも捨てるの?といったものも躊躇なく捨てたり、もしくは人にあげたりしています。

なぜすぐ捨てるのか?

日本人の私からすれば、捨て過ぎでは?ちょっともったいない気も…。と感じることもあるのですが、彼らはなぜ、すぐに捨てることができるのでしょうか? それは、遊牧民としての遺伝子がそうさせているのではないか、と私は思っています。 ゲルと呼ばれる移動式家屋に住み、季節ごとに家畜の餌となる草を求めて移動を繰り返している遊牧民ですので、年に3〜4回はお引越しをしています。そうなると荷物を減らすため必要最低限のものしか持ち歩かなくなると思います。家においてあるものも、食料も余剰を多くしすぎると運べなくなるため、自然とバランスを取るようになります。 そのような生活をモンゴル人は何千年も前から続けてきている訳で、ウランバートルのような都市に定住するようになったのもここ200年に満たない程度でしかないのです。となれば、連綿と受け継がれてきた生活スタイルは定住するようになっても残っていておかしくないと思われます。 必要なもの以外はなるべく持たない。そのような考え方が今に至るまで無意識的にできているのがモンゴル人なのではないかと思います。

まとめ

必要なもの以外は持たず、整理整頓が上手なモンゴル人。日本でも「断捨離」という言葉が出てきてから大分経っていますが、できてる日本人はまだまだ少ないのではないでしょうか。断舎離したい日本人の方は、どこか近くにいるモンゴル人と友だちになってみてください。自然と見習うことができますよ?

モンゴル人と服装

モンゴル人の服装といえば、多くの人はまず、「デール」を思い浮かべるのではないでしょうか。テレビや雑誌などでモンゴルを紹介すると必ずといっていいほどデールを着た方が紹介されているので、イメージに残ってるのではと思います。

デール

モンゴル人と服装 shomonz デール 女性
モンゴルの伝統的な民族衣装です。男性は渋めの色が好まれ、主に茶色や灰色系統のデールを着用します。女性は青、赤、緑で鮮やかな色彩、時には光沢のある生地で作られたものを好みます。また、男性はデールの上に大きめの帯をしめ、女性は細めの帯を締めます。 夏用のデールは裏地に薄い布を用いますが、冬用は羊の毛皮を裏地に縫い付けたものを着用します。冬はマイナス30度、40度にも下がるため、それに耐えるために冬用のデールには一般的なもので羊5〜7匹分の毛皮を、完全防寒といった高機能のものでは約30匹分の毛皮を使用して作るそうです。 ウランバートルでは普段着にデールを着ることはほとんどなくなり、2019年現在では洋服を着ている人が大半です。また、地方においても普段着は洋服を着る人が増えています。 モンゴル服装 洋服 もともとデールには普段着用と晴れ着用があり、今では冠婚葬祭やナーダムなど特別な時に晴れ着としてデールを着用しています。

デールの作り

先程、夏用と冬用のデールについて簡単にお話しましたが、春秋用には表地と裏地の間に綿をはさんだものを作ったりもします。冬用はウランバートルなどで着られているものは胴体部分には羊の毛皮を使っていますが、袖の方には使わなかったりするそうです。寒い地域に行く時や、そもそも寒い地方に住んでいる人は、袖や裾の部分まできっちりと羊の毛皮を裏地に縫い付け、防寒対策をバッチリ行っています。 デールの作りやデザインは地方や部族によって様々で、一説によるとデールは400種類にも分かれるそうです。その地方や部族の生活や風習に合わせて作られてきたからだと思われます。 モンゴル服装

モンゴル人と赤い食べ物

モンゴル人と赤い食べ物 以前、「白い食べ物」について記事を書きましたが、伝統的にモンゴルでは「白い食べ物」と「赤い食べ物」といって大きく分類していました。遊牧民ならではの食事を改めて書いていきたいと思います。

赤い食べ物(Махан хоол)

モンゴルでは肉類を「Махан хоол(マフンホール)」と呼称しています。日本語に訳すと一般的には「赤い食べ物」と呼ばれます。ただし、直訳すると実は「肉の食事」という意味だそうです。なぜ「赤い食べ物」と訳するようになったのかはわかりませんが、「白い食べ物」との対比が重要という判断だったのではと思います。 この「赤い食べ物」はモンゴルの五畜(馬、羊、山羊、牛、駱駝)の肉全てが含まれています。日本で肉といえば、価格順に鶏肉、豚肉、牛肉が一般的だと思いますが、モンゴルでは豚肉と鶏肉はあまり食べられていません。最も多く食べられているのは牛肉で、次点で羊肉です。元々は羊のほうが多かったとも言われていますが、現代においては牛肉が多くなっていると言われています。 基本的な調理法は「塩ゆで」です。骨付きのまま茹でて、ナイフで切り分けてかぶり付いて食べるのが多く、個人的にはこの食べ方が美味しいとも思っています。骨についた細かい肉もナイフを使ってきれいに食べるので、見ていて気持ちがいいです。都会っ子で育ってしまった筆者は、これがうまくできず、もどかしい思いをしていますが。いつかきれいに食べてみせると、人知れず決意しております。

羊の解体

モンゴル人にとって羊は馬とともに特別な家畜のようで、屠殺するさいも決して血を血に流してはならないと言われています。そこで、屠殺の方法も特別です。 まず、暴れたりしないよう足を紐で縛ります。 次にお腹に切れ目をいれて、そこから手を入れていきます。もちろんこのときに皮膚だけをうまく切って、血は流しません。そして、心臓の血管(もしくは神経?)を指で切って命を断つのです。この一連の作業をなるべく早く、苦しませず、怖がらせずやるのが大事だといいます。ここでもたついたり、痛い思いを羊にさせると緊張で体が固くなり、そのまま死んでしまうと肉が固くなるといいます。 実際屠殺するところを見せてもらいましたが、一切の鳴き声を出すこともなく静かに息を引き取る羊の姿をみてある種の感動を覚えるほどでした。肉を食べるということは、命をいただくということ。このことを実感させてもらいました。いただくものだからこそ、命を断つ瞬間をなるべく穏やかに行うモンゴル人の姿はすごいと思いました。

モンゴル人と飲み物

モンゴル人と飲み物 shomonz 日本で伝統的な飲み物といえば何を思い浮かべますか?お茶や日本酒あたりが思い浮かぶと思いますが、モンゴルではどのような飲み物があるのでしょうか。今回はモンゴル人がよく飲む飲み物についてお話します。

スーテーツァイ(乳茶)

日本で飲むお茶とは別のレンガ状や丸形に固められた団茶を削って煮出し、そこに乳と少量の塩を加えたものです。 見た目はミルクティーですが、塩が入っているため日本で飲むミルクティーを想像して飲むと違和感がものすごいです(笑)。ですが、そうと知って飲んでいると不思議となれてくるもので、モンゴル料理店に行くとよく頼むようになりました。 モンゴルでは一日あたり一人平均2Lほどスーテーツァイを飲んでいると言われています。どの家でも魔法瓶にスーテーツァイを入れておいていつでも飲めるようにしており、急な来客でもすぐスーテーツァイを提供できるようにしています。 インスタントのスーテーツァイも販売されており、粉末をお湯に溶かすだけでスーテーツァイを味わうことができます。我が家にもお土産に頂いたインスタントのスーテーツァイがあり、時折飲んでいます。

アイラグ(馬乳酒)

アイラグは、冷やした馬の乳を乳酸菌と酵母で発酵させたお酒でアルコール度数は1%〜3%。モンゴルではお酒というよりも乳酸飲料という扱いで子供からお年寄りまで飲んでいます。 野菜が希少なモンゴルにおいてアイラグは貴重なビタミンCの補給源となっており、夏の約2ヶ月間に一日平均1L〜1.5L、人によっては3L飲んでいるといいます。 牛の革や胃袋でできたフフルと呼ばれる袋に馬の乳を入れ、そこに酒母として既に作ってある馬乳酒やあるいは代用品を加えて、数千回から1万回ほど撹拌した後一晩おいて作ります。 味は酸味が強く、独特な臭いがあります。モンゴルでは丼のような大きな器にいれてゴクゴクと飲んでいます。

アルヒ

モンゴル製のウォッカのことで、シミーン・アルヒとツァガーン・アルヒの2種類があります。 シミーン・アルヒは家畜の乳由来の蒸留酒で、発行させた酸乳を蒸留させて作ります。主に遊牧民が自家用に作っていました。 ツァガーン・アルヒは穀物由来の蒸留酒で現在、単に「アルヒ」といった場合はこちらのツァガーン・アルヒを指します。

モンゴル人と白い食べ物 その1

モンゴル人と乳製品

乳製品 = 白い食べ物(Цагаан идээ)

モンゴル人にとって乳製品は無くてはならない重要な栄養源であり、保存食であり、毎日食する食材でもあります。 彼らは乳製品を「Цагаан идээ(ツァガーン イデー:白い食べ物」と呼んで大切にしています。このидээという言葉はただの食べ物ではなく、日本でのお供え物に近い意味合いの言葉であり、それだけ乳製品は大切に思われているということだと思います。

乳製品の種類

モンゴルの乳製品は細かく分けるとたくさん種類がありますが、大まかに分類すると
  • ウルム
  • ビャスラク
  • エーズギー
  • アロール
  • タラグ
の5つに別れます。

ウルム(Өрөм)

ウルム shomonz 絞った乳を加熱した後、もしくは加熱中に泡立つほど混ぜた後、一晩放置すると乳脂肪分が集まって膜を貼ります。これがウルムです。朝食に食べたり、バターの原料にしたりするそうです。味は甘く上等なクリームに近いです。

ビャスラク(Бяслаг)

ビャスラク shomonz ウルムをとったあとの脱脂乳に発酵乳を加えて軽く発酵させたあと、乳清を取り除いたもので、カッテージチーズのような乳製品です。

エーズギー(Ээзгий)

エーズギー shomonz ビャスラクと同じように脱脂乳に発酵乳を加えて、弱火で煮詰めた後、天日干ししたもので、オレンジ色のチーズです。

アロール(Ааруул)

アロール shomonz ビャスラクやエーズギーよりも更に発酵を促進させた後、乳清を取り除き、固形分を乾燥させたもの。最初の画像にある下の大きな塊の乳製品がそれです。非常に栄養価が高く、草を食べさせに行く子供に塊を一つ与えれば、それだけで一日過ごせるほどだそうです。食べ方は様々で、歯でガリガリと削る、石で細かく割って飴のようになめながら食べる、お茶や水につけて柔らかくさせてから食べる、おろし金で削ってスープやサラダに混ぜるなど。

タラグ(Тараг)

タラグ ヨーグルト shomnz 脱脂乳から作られるいわゆるヨーグルトです。モンゴルでは下痢に効くと言われていて、離乳食にも食べさせたり、夏寝る前に子供に飲ませたりするようです。