モンゴル人留学生がラグビーの聖地、花園の地に!? リーチ・マイケルが見つけたモンゴル人

モンゴルとラグビー、リーチ・マイケル

日本とモンゴルの関係に、新たな側面が生まれました。

ラグビー日本代表で、キャプテンも努めた
リーチ・マイケル氏が見出した、

モンゴル人留学生、「ダバジャブ・ノロブサマブー」くん。

ラグビーを知る人も少ないモンゴルで、
なぜ、リーチ・マイケル氏はラグビーの普及を目指すのか。

そして、モンゴルにラグビーは普及し、アジアは発展するのか。

意外と知らない、日本とモンゴルの関係をご紹介します。

目次

モンゴル人留学生初のラグビー全国大会出場者、ノロブサマブーくん

札幌山の手高校(南北海道)2年生、ポジションはロック。

2021〜2022年全国高校ラグビー選手権の1回戦、黒澤沢尻高校(岩手)との戦いで、後半27分から出場。
トライまで50センチに迫るプレーを見せました。

ノロブサマブーくんは、2018年、
リーチ・マイケル氏が主催したセレクションに参加しました。

20人が集まった中で、「ダントツで興味があったのがノロブ君」と
リーチ・マイケル氏が語るほどの意欲を見せ、セレクションに選ばれました。

リーチ氏の目には、ラグビーのルールも知らない彼が、伸びしろの塊に映ったそうです。

2020年春、リーチ氏の母校である札幌山の手高校に留学し、ぐんぐん成長していきました。

ノロブ君は、頻繁にリーチ氏とメールでやりとりし、
プレー動画を送ったり、相談したりしていたそうです。

ラグビー歴はたった2年にも満たない期間でしたが、
見事、花園の地に立ったのです。

リーチ・マイケルはなぜ、モンゴル人を呼んだのか

リーチ・マイケル氏といえば、押しも押されぬ
ラグビー日本代表の素晴らしいプレイヤーですよね。

今もなお、現役で活躍している彼が、
なぜラグビー未開の地であるモンゴルで
留学生を選んでいたのでしょうか?

リーチ氏は、アジア各国と日本の実力差があまりにも大きいと感じ、
「アジアを強くしなければならない。それがNo.1にいる日本の責任だ。」
と思うようになったそうです。

その中で、まず目に止まったのがモンゴルだったとか。

リーチ氏が来日した当時、大相撲ではモンゴル出身力士が大活躍していました。

朝青龍や白鵬のすがたを見ながら、
あの屈強な下半身とハングリー精神が、
ラグビーに向けられたらどうなるか、
とても興味を惹かれたそうです。

そして、2018年、日本代表の合宿で忙しい中、
3日間のオフを利用してモンゴルへ。

そこで行ったセレクションで出会ったのが、
ノロブサマブー君でした。

「いつかモンゴル代表の監督に…」夢広がるアジア

ノロブ君のケースをモデルとして、更にモンゴル人を呼びたいと
リーチ氏は考えているそうです。

更にはインドや韓国など、アジアの強化に向けて様々なアイディアを構想中とのこと。

「いつかモンゴル代表の監督をやってみたい。」とも語っており、
リーチ氏は本気でアジアを強くしたいと夢を語っています。

まとめ

個人的に、モンゴル人にラグビーは似合ってると思っていたところ、
この話をきいて、興奮してしまいました。

ついに、モンゴルにラグビーがキタ――(゚∀゚)――!!(ネタ、古いですね)

モンゴルにラグビーのきっかけを作ってくれた、
リーチ氏には感謝です。

モンゴル代表の試合がいつか見られることを期待しています。

この記事は、THE ASWERの「モンゴル人力士の活躍で興味 リーチ マイケルが発掘、ラグビー留学生「ノロブ君」とは」
という記事を参考に執筆しています。