モンゴルのNFTについて

2021年10月、日本でもNFTの話題があちこちから聞こえ始めていますね。今後の世界を変えうる新技術であるNFTですが、モンゴルにおいても動き始めているようです。モンゴルにおけるNFTの動きについて調べてみました。

目次

NFTとは

そもそも、NFTとは何かについて、簡単に整理しましょう。

NFTとは、Non Fungible Token(非代替性トークン)の略で、唯一無二、替えが効かないデジタルデータ、というもののことです。もう少しわかりやすく説明すると、改ざんできないシリアル番号が振られたデジタルデータ、という感じです。

ブロックチェーンの技術のうち、スマートコントラクトと呼ばれる技術によって、絶対に改ざんできないシリアル番号をデジタルデータに付与することができるようになり、「この番号のついたデジタル画像は世界に一つしかない」ということが証明可能になりました。

その結果、何が起きたのか、今世界を賑わせているNFTで何が実現できるのか、下記にまとめました。

  • 数量限定の希少なデジタルデータとして、価値が認められるようになった。
    例)Twitter創業者の最初のツイートをNFT化してオークションにかけたところ、291万5835ドル(約3億1640万円)で落札された。
  • 転売の記録をブロックチェーン上で追いかけることが可能になり、転売される度に作品の製作者に手数料が手に入るようになった。

以上のことからアート作品を中心にNFT市場はどんどんと大きくなっています。

モンゴルのNFT

モンゴルでNFTはどのような広がりをみせているのでしょうか?

調べてみたところ、早速モンゴルのNFTマーケットを発見しました!

Mongol NFT

mongol nft

モンゴルらしさのあるイラストがあったり、音声NFTがあったりと結構多様な商品がマーケットにアップされています。中には、売上をすべてチャリティーとして寄付している作者もいるみたいです。

決済はトゥグルクで行い、データをBSC(Binance Smart Chain、世界最大級の暗号通貨取引所が開発運営しているブロックチェーン)上で扱っているようです。

まとめ

アメリカを中心に海外ではバブルが一旦弾けて、落ち着きを見せつつも、これから更に発展していきそうなNFT。日本でも、モンゴルでも新しい流れに注目ですね。