モンゴルのチャチャルガンを飲み比べてみた

モンゴルのチャチャルガン「чацаргана」を知ってますか?モンゴルやチベットに自生するグミ科の植物で、モンゴルでは「黄色いお医者さん」「黄金の果実」などとも呼ばれており、古来より健康食品としてモンゴルで愛される植物です。

現代ではジュースとしてスーパーでも販売されており、今回はそのジュースを飲み比べてみたいと思います。

飲み比べるジュース

今回飲み比べるジュースはこの2種類のジュースです。

モンゴル チャチャルガンジュース
モンゴル チャチャルガンジュース

どちらも一般家庭でよく飲まれているチャチャルガンジュースで、モンゴルのスーパーに行くとジュースコーナーにおいてあるのが目に入ります。

どちらのジュースも、水で割って飲むようになっています。おすすめは、ジュース1:水3の割合ですね。

モンゴル チャチャルガンジュース 飲み比べ

シュガーフリー

モンゴル チャチャルガンジュース シュガーフリー

シュガーフリー、つまりチャチャルガン本来の味を感じられるのはこちらの商品です。独特の酸味と渋み、深い味わいを感じられます。慣れてない人には正直、ちょっと苦手かもしれませんね。ですが、これ、なれてくると意外と飲めるようになるのがまた、不思議なんですよね。。。

濃縮(ナチュラル)

モンゴル チャチャルガンジュース ナチュラル

濃縮とかナチュラリーとか書いてあるので、ややこしいのですが、こちらは砂糖やハチミツ?などで味付けされているものです。こちらは甘くて飲みやすくなっています。独特の風味は残しつつも甘くてゴクゴクといけちゃいます。

まとめ

ご紹介したジュースは濃縮タイプなので、基本的には水で割って飲んでください。ですが、たまに薄めずにちょびっと飲むこともあります。とくにシュガーフリーを原液で朝飲むと、目覚ましにはよく効きますよ!(笑)

チャチャルガンは栄養豊富な果物で、モンゴルでは子供に毎日飲ませて健康維持を図るほど。チャチャルガンジュースを選ぶ際には参考にしてくださいね。