モンゴル語で、年末年始のあいさつはどう言うの?3つの表現について

年末年始、多くの人とあいさつを交わすことになりますね。

モンゴル語では、下記3つの表現があります。

  • Зул сарын мэнд хүргэе.
  • Шинэ оны мэнд хүргэе.
  • Сар шинийн мэнд хүргэе.

似たような表現ですが、それぞれ何がちがうのでしょうか?

細かい意味と、いつどう使うのか、
日本モンゴルの国際結婚したShomonzがお伝えします。

目次

年末、クリスマスのあいさつ

Зул сарын мэнд хүргэе.

これは、「メリークリスマス」という意味になります。

зулとは、灯明のことで、
モンゴルでは牛乳からとれる油、
つまり溶けたバターを使っていました。

モンゴルの灯明、зул
зул

зул сарは、クリスマスのことを指します。

なので、Зул сарын мэнд хүргэе.は、
クリスマスをお祝いしましょう = メリークリスマス
となるのです。

新年のあいさつ(西暦)

Шинэ оны мэнд хүргэе.

これは、「明けましておめでとうございます。」という意味になります。

шинэ оныは、新年のという意味です。

なので、Шинэ оны мэнд хүргэе.
新年のお祝いをしましょう = 明けましておめでとうございます。
となります。

こちらは、西暦の1月1日以降に使われるあいさつです。

新年のあいさつ(旧暦)

Сар шинийн мэнд хүргэе.

これも、「明けましておめでとうございます。」という意味です。

こちらは、旧正月のあいさつになります。

сар шинийнは、新しい月の(新月の)という意味になります。

なので、Сар шинийн мэнд хүргэе.
新月のお祝いをしましょう = 明けましておめでとうございます。
となるのです。

モンゴルも昔は旧暦を使っていたので、
今でも旧正月をお祝いしています。

まとめ

年末年始のあいさつを3つご紹介しました。

こうしてみると、モンゴルの文化における見方も分かってくるので
面白いですね。

あいさつを使い分けて、
お!モンゴル語分かってるね〜
と言われるように頑張りましょう!