モンゴルの首都ウランバートルで毎月1日「酒解禁」!?住民への配慮と規制緩和

モンゴルの首都ウランバートルでは、
毎月1日は酒類販売が禁止されていたのをご存知でしたか?

その規制が2022年2月14日に取り消されることになりました。
同時に飲食店や食料品販売店の営業時間に関する規制も緩和されたそうです。

ウランバートルに行ったときに影響のありそうな今回の変化について

日本モンゴルの国際結婚したShomonzがお伝えします。

目次

毎月1日の酒類販売禁止について

酒類販売を毎月1日に禁止していたのは、

2009年7月にウランバートル市議会にて条例が可決されてから。

モンゴルでお酒といえば、
度数38〜40度の「アルヒ」とよばれるウォッカです。

モンゴル人は総じてアルコールにそこまで強くないのに、
つよいお酒を飲むためか、
悪酔いしてしまう人も多かったようです。

しかし、この度この条例が取り消されることになりました。

背景には、ウランバートルの警察やNGO、NPO団体の活動により
アルコール依存脱却の啓蒙活動や、取締などが行われたことにより

アルコールに関連した犯罪件数が減ってきたということではないでしょうか。

アルコール依存症の取締に関する記事

飲食店、販売店の営業時間について

今回の規制緩和により、

レストラン、バー、カフェの営業時間は、
日付をまたいで午前5時まで営業可能になりました。

ただし、マンション、アパート等の一階にある店舗や、
住宅街にあるビルなどの店舗の場合は、
午前0時までとのことです。

ファーストフード店は、
24時間営業可能に。

こちらも、マンション、アパート、住宅街にある店舗は、
朝6時開店〜午前0時閉店と制限があります。

コンビニは、24時間営業可能ですが、
同様に住宅街にかかるお店は、
午前0時までの制限があります。

まとめ

こうして見てみると、モンゴルも時代に合わせて発展してるのが分かりますね。

観光客として行った場合は、
遅くまで遊ぶこともできますし、

移住して暮らしたいという場合は、
遅くまでたむろする人が近くにはいられないので
安心ですね。

早くコロナの混乱が明けて、
気軽にモンゴルに行ける日を楽しみにしています。